モールス信号変換・モールス信号解読

使いやすいモールス信号翻訳機で、モールス信号をテキストに、またテキストをモールス信号に変換し、音声で再生することができます。

モールス信号 SOS
オプション

モールス信号とは?

モールス信号は、それぞれ点とダッシュで表される単音と長音の組み合わせを、一連の信号の抑揚を用いて通信・解読をするための記号体系です。

モールス信号を発明したのは誰?

サミュエル・F.B・モールスと彼のアシスタント、アルフレッド・ベールが、初めて電信にかかわる特許を取得した人物です。

モールス信号が発明されたのはいつ?

モールス信号は1830年代に開発され、1840年代にさらに進歩・実用化されました。

モールス信号で送られた最初のメッセージは何?

モールスが送った初めての電信は、「What hath God wrought」(翻訳:神よ、何をもたらせ給う)です。1844年5月24日に、ボルチモア-ワシントン間の電信線の開通に即して送られたものです。

モールス信号の用途は?

モールス信号は、特に軍隊で活躍を披露しました。現代のモールス信号の実用的・商業的使用はかなり衰退していますが、航空、アマチュア無線活動、支援技術(AT)などの分野でいまだに利用されています。

モールス信号の使用方法は?

モールス信号は、ペンと紙、光や音など、さまざまな媒体を通じて使用することができます。また、目の瞬きなど単純な体の動作を用いれば、いつどのような状態でも使用することができます。

モールス信号を学ぶには?

モールス信号は、記号の暗記・リスニング練習・ネットアプリを活用した反復練習によって簡単に学習することができます。ネットにある優れたモールス記号学習法として、Googleが開発したGboardキーボードがあります。Google Play上のGoogle Creative Labから検索できる学習ツールを使用して、無料の教材・指導が手に入れられます。

モールス信号の読み方は?

モールス信号を十分に暗記していない、という方はモールス符号一覧を参照して解読することができますが、手間を省きたい方はネットにある自動解読アプリを使用して一瞬で対応するローマ字の文字列を見つけることができます。

モールス信号への変換をするには?

ローマ字からモールス信号への変換を行いたい場合は、上記通り一覧を参照することもできますが、やはりインターネットツールが一番手早く正確な手段でしょう。

モールス信号変換とは?

モールス信号変換は、どなたでも簡単、素早く、的確にモールス記号からローマ字、またはローマ字からモールス記号への変換が行えるインターネットツールです。モールス信号を解読出来たら、きっと世界が広がるります。携帯電話の着信音、ゲームの背景、ひょっとしたら音楽にまでだれも気付かなかった暗号が隠れているかもしれません。モールス信号解読器、ネット接続と世界に対する好奇心があるかぎり、誰でもいつでも使えるようになっています。

モールス記号で「SOS」は?

モールス記号で表すと、SOSは「・・・ --- ・・・」です。

モールス符号
モールス符号